●操作手順

(1)HS現場密度試験2を起動する。
(2)新規ファイルを開く。
(3)データリストを新規追加してデータを入力する。
(4)印刷する。
(5)ファイルを保存する
(6)エクセルに出力保存する

(1)HS現場密度試験2を起動する。

(起動方法は、Readme(mitudo).htmのソフトの起動方法を参照)

(2)新規ファイルを開く。(例)落砂法の場合

1.メニューより【ファイル(F)】−【新規作成】−【落砂法(国交省タイプ)】又はボタンで新規落砂ファイルを開く。

2.見本データが表示されます。


3.同時にデータ入力画面が表示されます。
  (データ入力画面はメニューの[データ入力(D)]またはボタンまたは、マウスの右クリッでも表示します。)


(3)データリストを新規追加してデータを入力する

1.データ入力画面の(コピー無し)ボタンで新規データリストを追加してデータを入力する。

        ★データ入力画面★

(4)印刷する。

メニューの[印刷]−[印刷]または、ボタンで印刷画面を表示し、印刷する。

印刷の仕方は印刷の方法のページを参照して下さい。
        ★印刷時画面★

(5)ファイルを保存する。

メニューの[ファイル(F)]−[名前を付けて保存]または、ボタンで保存画面が表示されます。

「保存する場所」及び「ファイル名」入力して[保存]ボタンをクリックすると保存されます。

(6)エクセルに出力保存する。

メニューの[ファイル(F)]−[エクセルで保存(E)]または、ボタンでエクセルを起動しデータを出力します。

エクセル上の操作でエクセルファイルとして保存出来ます。